月別アーカイブ 2017年8月

整理したら落ち着かないって?

図書を見て組合せとりまとめに目覚めたあたいは、リビングを大移植しました。
てんでモデルルームのように、家具UPほんの少しだけのものたち。
あたいはボルテージ爽快で、誰かをお招きしたくなりました。
所帯が帰ってきたので、「どうして?」って鼻息も荒く尋ねるって、「寒々しい」「落ち着かない」という講評。
えっ、きれいになったら喜ぶんじゃないの、中位。
人の気も知らないで、落ち着かないってどういう言動?
要するに、片付いていないといったダメージに感じていたのは私だけで、所帯は「居心地の良い実家」としていたようです。
やっぱり、競いのない所帯ですわ~。
ま、楽だけど。
前方晩御飯の準備をしていました。今日の晩御飯は、サバとスパゲティーというサラダってスープにしました。スパゲティーは、ナポリタン風にケチャップで味付けして、コーンやピーマン、トマトなどを工具といったしました。サラダは、キャベツとレタスといったコーン、ハム、きゅうり、パプリカのサラダにしました。ドレッシングは、自家製のレモンのドレッシングで頂くことに行なう。スープは、わかめといった卵とあさりのスープにしました。こういうスープは世帯に極めて好評なので、家屋ではしばしば作ります。今日は、色々な構成を作ってみました。日にちがあればこれから高野豆腐も料理したいと思います。

続きを読む

お家が欲しい!!

残念ながら、環境がよろしくないマイホーム。
家を購入しようなんて考えたこともなかったのですが…。
近頃お友だちが、ちらほら持ち家をゲット。
父親が契約社員だったり、ちっちゃなお店の経営者のご家庭も、新築の家を購入されているんですよね。
失礼ながら、あの家庭でも持ち家を選べるなら…。
もしかして、もしかして。
我が家でも家を購入できるのでは?
誇示なんかできませんが、預貯金無し!
預貯金は拒否だ。
威張れることではありませんね。
でも昨今86
000円の家賃を払っているのだから、それを家の消費に充てて、ちっちゃな実家をゲットしたい。
思ったら即目的!
不動産やちゃんに面接しをめぐってみました。
夫婦の賃金や、預貯金の時、ちょこっと照れくさいなぁと思いつつ、正直に話してみました。
女性係の方が色んな進言をしてくれて、何やら昔が開けてきたました。
家ゲットにかけて1歩ずつ、進んで行こうと思った日なのでした。
アクトレス、清水富美香の出家っ!
若手アクトレス、清水富美香が電撃休養、ツキの科学へ出家しましたが、会社が悪いと思います。
特別清水に何の咎が無いというわけではありませんが、彼を雇用する場合父兄のこともきちんと探偵を通じて調べておかないからそういったトラブルになるのであり、それにも増してオーディションの段階で清水が人材のヤバいお母さん、藤谷美和子系のプッツンアクトレスだという事はビギナーでは行渡り、能年頃玲奈もそうですがメンへラというか大笑いパーソンというのが分かっていたのに、外見と姿だけを見て雇用するはリスクヘッジが出来ていないと思います。
実に、清水のスタイルも10億円以上の違約経費が発生するので会社の目算が甘かったと言わざるを得ないと思います。

続きを読む

お肌のブツブツ方法は?

時節の変わり目になるとお肌が荒れ果てる対応多いですよね。
私の形態、なんとなく耐性が低くなってしまっているらしく、ふとしたバイ菌なんかで荒れたり、ぶつぶつが適うようなんです。
そこで、皮膚に悪いかも・・は思いつつ滅菌用の石鹸を購入して洗顔してみたら、あれ?比較的いいかも!という感じで肌荒れが少なくなりました。
お肌がただれるようなこともなく、現在可愛い状態です。
ただ、こういう滅菌石鹸、洗浄照準、美貌照準ではないので、何だか爆笑におい・・。
表情を洗っている時も、あんまりにおいを嗅がないようにしながら洗顔したりしています。
好ましい悪臭の滅菌石鹸があったらありがたいんですが、何処かに売ってないかなぁって探していらっしゃる。
4月収というと、皆さんはどんなことをビジョンしたり、思い起こしたりしますか?
私は4月収というと、幼かった頃や学生時代のあの何とも言えない見込みと戸惑いの入り混じった元気をたえず思い起こします。
真新しいクラスメイトや担任の師範って賢くやっていけるかなぁと不安になったり、目新しい側ができると嬉しいなぁという淡い見込み霊感。
大人になり、結婚して子供を産み育て、バタバタといった日々が過ぎてゆく中ではすでにそういった気持ちや元気もこの先は食らうことはないのだろうと思っていました。
が、但しそうではなかったのです。
子供が成長し、幼稚園入園だの小学生入学ですのになると、夫人もまた子供を取り巻く初々しい環境になじむまでは戸惑いという見込みの混じったあの元気、今年もぐいっと私は味わっている最中です。

続きを読む

じぶんの書き込み

あたいは現在でありますが、30年齢の男性サラリーマンをおこなっております。これは前年の評価となっておりますが、自宅のリフォームをさせていただきました。じぶんの自宅ですが、田園にものを通してあり、次いで築40層を超えていたのです。あちらこちらに退廃や被害などがありました。じぶんはそれ程ならいまだにリフォームは非常に費用が要るので、リフォームはしようとは思いませんでしたが、父親が前年自宅の床の割目に歩きをつまずけてしまい、それで骨折を通してしまったのです。父兄の丈夫を害してしまうような事態に好転をしたので、姉といった折衝をさせてもらい、自宅のリフォームを共同でさせていただきました。リフォームが契約をすると自宅が新築のように生まれ変わり、そして父兄も泣いて喜んでくれたのです。普段は厳格な父親であり、じぶんは昔からそれほど良い模様などはなかったのですが、どうにか父親の親孝行をすることができて、ほんとうによかったという体感をさせていただきました。
雛人形の並び方。
この間お店に飾っていた雛人形を見て、なるほど?ということがあったんです。
それは、お内裏様とお雛様の並び方。
私の中では、お内裏様が左手、お雛様が右手なんですよね。
も、その時に見たお図形は、表現が別だったんです。
え?私が胡散臭いの?として調べてみたら、本当はどちらも規則正しいみたいです。
私が規則正しいとしていた並び方は、今一般的に売られている雛人形の並び方で
「関東雛」、その別は「京雛」といった叫ぶそうです。
文字通り、関東って関西という部門を通じて、並び方が違うみたいです。
今まで普通だと思っていたことが、普通じゃないこともあるんだな~と感じたチャンスでした。

続きを読む

春日調和☆

ウィーク日和見通しを見たら、温かくなる日光がある見かけ。寒いのは苦手なので頼もしい。温度ももっとのぼり、春日調和のようですね。
寒いといった体が動きにくいし、手立てもかじかんでしまうので取り敢えず優しいほうが素晴らしい。
も、ドレスにだけは困りますね。急に温度に変化があると「何を着たらいいのか?」として仕舞う。薄着としてさほど寒かったらお断りし、かといって暑かった際、手に持っているも邪魔だし・・位といった迷うんですよね。
温かくなると苦手な虫が出てきて不愉快一部分もありますが、トップス不要に送れるのはどうしても楽だなぁ。
素早く完全に温かく達する日光が来てほしいなぁというこの頃だ。
バレンタインデーどなたから貰った?
バレンタインデー。
私もきちんとチョコ用意しましたよ。
義理チョコだけですけどね。
同僚の小学校の児童がたえずショップに来るので、その子どもにあげました。
女の子ばかりのショップなので、幾つか貰っていました。
お友達の母さんからも貰って、「チョコ○コもらったー」という喜んでいました。
オバチャンばっかりだよ?小学生のお友達からは?
それで良いのか?
ガックリしてたのは、彼氏のマミーのユーザーだ。
マミーとしては、小児を好いてくれる者がいたほうが嬉しいですよね。
今の小学校は、オリジナルチョコが多いみたいですけど、
自分成人は小学校では買えないような、まさかリッチなものあげてますから。
オバチャンからモテるのも良いでしょう。

続きを読む

本棚をすっきりさせるために

俺は学生の時には自分のホールにたくさんの媒体がありました。ただし、最近の電子化のトレンドにのぼりコミック媒体は電子版でよむようになりました。そのおかげで本棚がすっきりとして私の一色もすっぱりしました。ですが、そのコミック媒体の場所に読物がグングン侵食してきて、また本棚がいっぱいになってしまったのです。俺は読物はどうしても電子版でよむのが憎悪だったのですが、電子化されていない品以外は電子版にすることにしました。そう決まったらすぐにでも本棚を整理したいと思った俺は、電子版があるかをネットで検索して生じるものはメモしていきました。類別をした後は媒体を古本屋に売りに行きました。おかげで同時に本棚がまたすっきりしました。
フレンチトーストは尊い
朝飯やブランチにフレンチトーストを召し上がるのが好きです。
玉子を溶いてミルクを取り混ぜ、砂糖を大さじ1杯。
一口大に切った食パンをパンに濡らす。
バターを温めたフライパンで焦がさないように火を通す。
生易しい香りが漂ってくる。
皿に盛って、丸ごと摂るのも済むしハチミツをかけるのも好ましい。
粉砂糖があれば見栄えが良くなる。
フレンチトーストを食べてる時の陶酔はなんとも言えない。
その瞬間だけでも不快ことを忘れられる。そのくらいフレンチトーストが好きです。
喫茶店で取るのもまた宜しい。
コーヒーのほろ苦さというフレンチトーストのほのかな甘さのペア指輪はこれまた秀逸。
この世に玉子ってミルクといった砂糖とパンがある以上、食べ続けたい。

続きを読む

▲ページトップに戻る