月別アーカイブ 2017年6月

みんなでごはん食するのはおもしろい

みんなで、ご飯を食べるのはおかしい。
今更なにをということだけど、一人暮しが長かったせいか、こうした大前提はずっかり消えていました。
世渡りをしていく上で、独り者していたわけではなかったのですが、自分の役回り、周りの人の役回りが忙しくなるによって
いくらでも単独ご飯がの機会が増えてきました。一人ぼっちでご飯を食べるのが後ろめたいなどという本音を、TV図書等で訊くことがありますが、
恥ずかしさなど、依然として感じない生活に落ち着いたものです。
但し、最近、きちんと日数を作って傍らと食事する席増やしていくって、これは興味深いという再確認したのです。
もちろん基本は単独ご飯なのですが、始終人様と共にご飯取るのもいいなと思い始めている。
バレンタインデー
バレンタインデーって、学生ではないぼくには二度と関係ない現象だと思っていましたが、今年は再び、軽装言えない安堵の思いを報じるのにいともいい日ですなと思いました。ただ、チョコを売るお天道様ではなくて、しょっちゅう有難う、といった報じることができます。返上のセットアップが大変よ、と言いながらも、組合のリーダーも一切、どうにも例年嬉しそうだ。隣席の部署の女児は例年、せっかくのオリジナルチョコを無言で、不在の人の台の上に置いていきます。まずはどうしても本末転倒というか、思いがこもっているからこそ、文句に出して有難うも伝えた方がいいのではないかな、としている。

続きを読む

本番見てたらウィンドウ酔いしたチャット

ちょいちょい本番のライブサウンドを見るんです。
ここ数年の本番って、グラフィックが凄い綺麗になってますよね。
ぱっと見たインプレッション、実写なのか選別がつかないぐらい。
そういう状態印象ありありのビデオで、選手視点で走ったりゾンビという戦ったりするんですよ。
すごーくポリシー悪かっただ。
いえ、ゾンビや虫は何一つ大丈夫なんですよ。
無理だったのはディスプレーだ、ディスプレー酔いをしたんです。
グラフィックが艶すぎてなお姿勢が選手なわけですよ、
も取り回してるのは自分じゃなくて、ライブ人間氏です。
足酔い講じる人にはよーく分かってもらえると思うのですが、あたかも気分は他人の運転する車のヘルパー客席ですよ。
自分レジで固まってしまう
大層久しぶりに行ったとあるスーパーマーケットで飲料を買おうとして、
レジに向かったら新しく自身レジができていて、
レジがどこも行列を通していたし貰うものが飲料だけだったので、
自身レジを使うことにしました。
雑貨を前に置いて機会に読み取らせて給与を支払うわけですが、
初めて扱う自身レジだったので、
どうすればいいのかよくわかなくなりました。
しばらくまごついていると人員が来て、
どうしても自身レジで買うことができました。
自身レジなんてどこも同じようなものなので、
簡単に払えるものだとしていたら、
何をなんでいいのかわからず固まってしまい、
こんな状態になった自分が少々驚がくでした。

続きを読む

先日食べ始めたやり方

三ティーンエイジャー合間になると、これが年齢かと痛感できることが多くなります。
何か体に良いことをしなければならないはおもうものの、何から始めて良いのか分からなかったりする。
とりわけネットで健康に良さそうな食べ物において掛かる栄養とインパクトを調べてみると、ナッツ類って乾き商品が身体にいいらしきことが分かりました。
但しナッツ類はフィーが張ります。アーモンドやクルミが嬉しいらしいのですが、継続して食べ積み重ねるには経済的にしんどいので、ナッツ類ではないものの似たような栄養価が取り込めるピーナツを推奨されているワンデイのキャパシティーです30粒周り食べることにしました。
血糖有難みが上がりにくいごちそうなので食前に食べると済むみたいです。
ピーナツなら短いのでお財布にも暖かいので続けられそうです。
たまにはスパイシーお天道様もほしい
アニメやドラマなんぞを見ていると、自分もこうした平凡な体格ではなく、ぐっと快感にあふれた世界で生きたいと思います。それでも多分、本当にそうなったら疲れてしまい、平凡な体格に憧れるだろうこともわかっています。ですから今は、外敵が欲しい一瞬って平静が欲しい一瞬、その両人を平等になるような体格がしたいなと思っています。
たとえば、非日常を味わいたいなら外国航海とか。それでも身は体調のことがありそれができなくなっているので、他のツボを使うしかありません。内情逃避になってしまいますね。何か外国航海に変わるものが見つかればいいのですけど。

続きを読む

コッペパンの可能性。

がんらいパン好きなので、ベーカリー君の説をよくチェックするのですが
先日コッペパンを生み出すお店が増えたな~と感じます。
コッペパンと言えば、スクールの給食でしばしば出ていた
大きくてフワフワで食べ応えのある、あのパンだ。
昔はそのパンにジャムやバターをつけて食べていましたよね。
今も、そういう風にして食することもありますが
最近のコッペパンはいわば最高潮ドックのようにソーセージを挟んだり
アンコやクリームを思いっ切り挟んで採り入れるのが流行りみたいです!
しかもコッペパン自体が安っぽい価格なので、ツールが入ってもより手頃な価格で売ってるんです。
昔懐かしいコッペパンの綺麗なる転職?に、これからも目が離せません♪
異性と出会う戦術
自分の本能や直感で「博士です」といった判断した瞬間にその相手に求愛をするのは、自然では普通のことです。自身だけが理性にてその思いを抑制したり我慢して押さえ込んでしまっています。どれだけこういう精神の精神的な縛りを解けるか、自分の内心や真意を解放して行為に 動けるかでライフスタイルは著しく変わります。外部で赴きない見知らぬ声をかけるのが恥ずかしくて無理だという気持ちは理解できます。自分が今まで考えていた妨害を壊すのですから、大きな心敵対が邪魔をするでしょう。そのような引っ込み思案や人見知り人の者はWEBやインターネットネットのサービスを使った会う技もあります。逆に人付き合い性にプライドがあり明るく活発な者は、如何なるシーンでもすっと遭遇に繋げることができます。恋は振られるケースの方が多いのが普通です。必須結ばれたい片思いの者も、諦めなければならないことがたくさんあります。拒絶されたり度外視されても「よくあること」って悟って、一回一回心情を落ち込ませず、笑いのまま過ごしましょう。どの技を実行しても空振りに仕上がることはよくあります。基本的にはアタック→良い反応→デート→社交→ブライダルという流れは共通してある。作用が芳しくなかったり価値観の相違など感情が悪いと感じたら、その時点で別れに至りふたたびアタックの地位に戻ります。稀に存在する「ビンゴ」を退くまでがんばるという意識を下さい。 かりにブサイクやブスも、PMAさえあれば、女房や彼を決めるのは単純、確実にできます。 それぞれの出くわしサイドの秘訣や方法を簡単に紹介していきます。男女の遭遇の基本は街中で声をかけて知り合うことです。これは道ではなく他のスポットに移ってもやることは徹頭徹尾変わりません。先まで人様だった者に声をかけて3パイぐらいでやにわに仲良くなり、メイルやスマホナンバーなどのTELを聞き出すか、あるいは丸ごと即デートに起こすか、お互いに時期やツキが合えば 半後には、丸々親密な大人の原因になることもあります。原則男か夫人か好きになったほうが打ち明けないとしがらみは始まらないのです。とあるネットのブライダル相手方という知り合った置き場ジャンルも「道で知り合った」が 7前後にジャンルインしています。思った以上に道での遭遇は豊富なのです。中でも、男性に比べて女性が逆ナンパする場合は成功率が激しく、やにわにそれぞれ以上の原因には生まれ変われるので、真っすぐで尽くしてくれそうな者がいたら 夫人からアプローチするのもありなこぶしだ。街ナンパの成功率は「幸福」「見た目」「話法」で決まります。それぞれの兼ね合いは6:3:1ぐらいです。つまり、エライトレンドはほとんどが幸福で決まっています。面持がアイドルのザブングルの加藤に似ていてエラが張ってブサイクと評価されるような男を知っていますが、恋人は10者中間1者というメイルが入れ替えでき、20者に1者はデートできると言っています。見た目が並以上であればこれ以上の成果が出てある自身結果かもしれません。もちろん一流のナンパ師は、相手方が最初に嫌がっても、頼もしいトークで笑わせたりして、グダられたり拒否されてある進度から連れ出しまで逆転させることもできます。ただし、ノンプロはこんな高等方法を身につける必要はかなりありません。 真っすぐな気持ちでぶつかれば応えて得る者はとにかく出てきます。声をかけるときのコツは、第一声の会釈は大きめにするについて、最初の時点で声が可愛いという聞き取れなかったりサイドを認識して貰えません。成功率をグングン決めるには、回廊を尋ねたり、敢えて転んだり、共通点を見つけて語り掛けるとグングン、自分に面持を差し向けることができます。こういう第一声で自分に注意を向けて足を止めて貰えればナンパの8割の不可欠はこなしたことになります。後は適当に声明をつなげて気勢をアピールし、メイル、今風に言えばLINEのIDを教えて下さいと言えば良いだけだ。単にこれだけで中には応じて得る者がいるのです。当然9割は振られたり暴言を吐かれることもあります。但し、1割は興味を示してくれて、気に入っていただける者もある。ナンパは恋の絵図だ。世の中だって似たようなものだ。片思い中間の好きな者を口説き落としたいという頑張っても、女房や彼保ち、あるいは既婚人だったりで概してうまくいきません。但し、ついつい孤独で侘しい時世だったり、ムラムラやる不平なタイミングに色恋から声をかけられたら喫茶店やカラオケから旅館まで付いて行ってしまい、そこから長い社交に発展することもあります。そんなふうに考えれば、ナンパは比を縮めて行く操作だと分かります。100分の1しか付き合える不安がなくても、100回声をかければ成功します。 実に無差別に数打ちゃ当たるみたいで不快などと思いますが、遭遇がなくて本気で相手方を探しているのですから、そこそこ自負を負けるのは仕方ありません。 それ程色恋を獲得するのは大変なことなのです。遭遇がないなど言われますが、ブライダル適齢期の男女の半ばは単身独身で無用な進度、全て誰かからお声がかかるのを待ち望んである。玉砕要点で恥を乗り越えれば、その先には成功が約束されてある。

続きを読む

▲ページトップに戻る