月別アーカイブ 2015年4月

FXで稼いだお金は税金がかかる

FXで負けないようにするためには、暴落のリスクをちゃんと考えることが大事なのです。
暴落する気配もないようなときでも一応はその危険を視野に入れたトレードをしてください。
FXに確実ということはありませんので、ひょっとして、ということも考えておくことです。
例えば、ドルの場合だと利益が出しにくいのですが、その代わりにリスクも少ないものなのです。FX投資による利益というのは課税対象ですので確定申告が必要となりますが、通年で利益を出せなかった場合には必ずしなければならないわけではありません。でも、FXでの投資を続けるなら、利益が見込めなかったとしても確定申告はしておくべきです。
確定申告をした場合、損失の繰越控除というものが使えるため、最大で3年間は、損益を通算できます。FXの取引での負けが続くと、その負け分を元に戻すために自分の意図した以上にお金を使ってしまう人も少ないとは言えません。
そうすると、大きな負けを被る可能性があるので、FX講座には不必要なお金を入金しないようにしておきましょう。

これは口座に余分なお金も入れてしまうと、まだ勝負できると思って投入する予定のないお金まで投入してしまう虞があるからです。

FX投資で負けが続いてしまうと、その負けをどうにか取り戻すために次々にお金をつぎ込んでしまう人もたくさんいるものです。

その結果、大きな損失を生む可能性があるので、FX口座には目的以外のお金を入れておかないようにしましょう。

これは口座に貯金のお金が入っている状態だと、今はまだ大丈夫だと思ってお金を使いすぎてしまう可能性があるからです。

FX投資を行って得た利益には課税対象なのでしょうか?FX投資の利益は税制面で、「雑所得」として分類されます。

一年間の雑所得の合計が20万円より少なければ、課される税金はありません。しかし、雑所得の合計が20万円超の場合には、必要になってくるのが確定申告です。

税金を払わないということは脱税になりますので、気をつけるようにしてください。

続きを読む

FXはチャートの検証が基本

FXの口座を開設することに何かデメリットは考えられるのでしょうか?口座を開いたところで費用が掛かるわけではありませんし、口座維持にお金はかからないので、デメリットは無いと考えます。

ですから、FXに関心を持っている人は取引するかどうかはひとまずおいて、口座だけ開いてみるのもいいのではないでしょうか。FX投資により得られた利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して、利益を出せなかったならする義務はありません。しかし、FX投資を続けるなら、利益がなかったケースでも確定申告をするのがおすすめです。確定申告をすれば、損失の繰越控除が使えるので、最も長くて3年間、損益を通算できます。

最近では、システムトレードによって、FX投資する人が少なからずいるようです。
FX投資においては、投資していた外貨が前触れなく、大幅に下がると平常心でいることができなくなり、上手に損切りできないことがあります。

少しでも損失を小さくしたいとの感情が損切りする機会を逃させてしまうのです。

FX投資を始める場合に忘れてはならないのがFXチャートの流れを知ることです。

FXチャートの役割は、為替相場の動きをグラフとして表したものです。

数値だけではわかりにくいですが、グラフ化することで見やすくなります。

FXチャートを上手く使わないと最終的な利益が落ち込むことになるので、見方をいつでも頭に置いておいてください。

FX投資に取り掛かる前に、所有する通貨数を決めておくというのも肝心です。所有通貨量を前もって設定しておき、それより上のポジションは有することのないようにしてください。

こんなふうにしておくことで、勝利しても利益は低下しますが、損失も生み出しにくくなります。

続きを読む

本来の相続財産って何?

本来の相続財産とは、故人が持っていたお金に換金できるものすべてを指しています。

代表的なものとして、現金や預金などはもちろん、土地、家屋、有価証券なども含まれます。これらは目に見えるのでわかりやすく、相続財産だとすぐにわかるはずです。

しかし、相続財産には無形なものもあり、パッと見ではわかりにくいものも含まれています。例としては、借地権や著作権、貸付金などです。家具やテレビ、エアコンなどの家電などの家庭用財産も相続財産となります。

換金できるものはすべて財産となるので、当然相続税もかかってきます。また、名義にかかわらず課税対象となるため、例えば父が子供名義の預金通帳を管理指定た場合、子供名義であっても父親の財産とみなされ、相続税の申告をする必要があります。

続きを読む

相続税の計算方法を伝授

相続税とかかわる財産は正味の相続財産のことをさしています。これを金額であらわしたものを課税価格と呼びます。

そして、相続などで財産を獲得した人の課税価格を総計して課税価格の合計額を計算します。

この相続税は課税価格の合計額にすべてかかってくるわけではありません。相続税は、正味の相続財産、つまりプラスの財産からマイナスの財産を引いた課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いたものにかかってくることになります。これは少額の財産に課税されないようにするための工夫です。

基礎控除額は、5000万円+(1000万円×法定相続人の数)ということになります。

故人の財産が基礎控除額以下の場合は、相続税は1円も払う必要はありませんし、申告も不要となります。

小規模宅地等の特例を適用する場合、基礎控除額以下になっても相続税の申告は必要となるので気をつけましょう。

この基礎控除額を超えると、相続税がかかってくることがあります。仮に相続が1億円となった場合、法定相続人が3人いるとすると、差し引き2000万円に相続税がかかってくることになります。

課税価格の合計額から基礎控除を引いた金額が課税遺産総額となります。

続きを読む

▲ページトップに戻る