発酵循環の違うお茶を飲んでみたい

お茶は茶葉の給与の度合いを通じて、
緑茶・烏龍茶・紅茶などと違うお茶になりますが、
テレビジョンで中国茶において説明しているのを見て、
発酵の調子を通じて一際細く顔ぶれが分かれていることを知りました。
発酵の様子が浅い手法からより、
緑茶・白茶・青茶・黄茶・紅茶・黒茶となっていて、
ここには烏龍茶はありませんが、
烏龍茶は青茶になるそうです。
これを知ったら白茶という黄茶という黒茶がどんなお茶なのかと気になり、
紅茶や烏龍茶や緑茶と比べてどんなフレーバーなのかといった飲んでみたくなりました。
現在各種お茶が売っているので、
知らずのうちに白茶や黄茶や黒茶を飲んでいるのかもしれませんが…
昨今とことん謎書物を掴むようになったのですが、ミステリ美術家さんたちは凄いだ。お話のスタートからさりげなく伏線がはってあるんですもんね。こんなお話を記せるなんていかなる心の構造をしているんでしょうか。
伏線に気づくのが謎書物をよむ楽しさのひとつなので、最近は書物を読みながら「お?」と思ったところにはレッテルをつけています。さらに最近はレッテルをつけるのも邪魔になってきたので、直書き込んだりウェブサイトを織り込むようになりました。「こういう表現が伏線?犯人?」とか書いてしまっているので、もう一度誰かに正式を貸して差し上げることもできませんね。

▲ページトップに戻る