和風というタイのキャンパスの照合

わたくしはタイへ約1通年留学したことがあります。もちろん、タイ語を勉強するためにタイのユニバーシティに通っていました。そこで日本のユニバーシティってタイのユニバーシティで大きく違うことは講習の材質だ。日本のユニバーシティの場合は1コマ1ターム半ですが、タイのユニバーシティの場合、1コマ3タームだ。なので、実質毎日多くて3コマしかありませんが、長く集中し、機能を頭に入れるのは面倒を極めます。タイ人物師範は長くを大学生のために使おうはしません。与えられた任務をやっているだけなので、現地の大学生も講習にとっても集中しておらず、タイのユニバーシティの講習は効率が悪いなと考えました。今では日本のユニバーシティで浴びる講習が早く兆候かつ、効率がいいなと感じます。こういうトライアルは自身において、世界では講習施術仲間取っても、その国の取り柄が現れるのだとOKときでした。
きのう離れる時になりました。今になっては三ご時世も付き合いましたが、元彼氏になったのです。その元彼氏が離れるまま言いました。俺がふったわけですが、およそ承知いかなかったのでしょう。元彼氏のアバンチュールが状況だったのですが、承知のいかない元彼氏が俺にワンポイント言いました。
「そういうですからお前はダメなんだ」それほど言われたのです。その時は意味がわかりませんでした。何で俺がダメなのかわかりませんでした。
けれども俺は元彼氏のアバンチュールをずっと見て見ぬふりをしてきたのです。いいかげん頭にきたので、離れる時にしたのです。もう短く言えば良かったかもしれません。気付いたまま言ったら、何か変わっていたかもしれません。

▲ページトップに戻る