厚揚げの煮物といった冷ややっこ

和なメニューでの地。
プログラムは次のルートでした。
食事
汁物
キャベツの浅漬け
厚揚げの煮物
冷ややっこ
これが養分学的に何のかんのはどうしても素晴らしく、ただ大豆働きの厚揚げといった豆腐が一括なのはいかなるやり方なのかってクエスチョンに思いました。
厚揚げの煮物は非常にクラスがあり、感触の差別化は敢然と図れている。
ただ、大豆原材料は別のタイミングで出したらどうなんでしょうと思っただけ。
メニュー係員なので、少し気になりました。
幸運に、親子からは酷評はありませんでした。
これで食べ盛りの息子がいて、鳥獣性のものが加われば惜しくも気にならなかったことでしょう。
「分かれ」の3月がおわり、4月に出会った面々ともメッセージがスムーズに交わせるようになってきました。何をやるにも気持ちのよい時間になりました。
もうホームセンターには、夏に利益の見込める野菜の苗が並び始めました。我が家の猫の総計ほどの庭園を眺めては今年は何を植えようか迷う近頃だ。何を植えるか決まらない通り庭園の雑草受けとりを進め苗を植える調整を始めます。耳よりトマト、ピーマン、なす、キュウリも投げ棄てづらく胸中で調整挿画を練っては消しを繰り返してある。早朝、窓を開けたとき「朝顔」が咲いているのもいいかも・・って今年は花も植える腹積もりだ。

▲ページトップに戻る