どうだろう、息子の興味にそえるかな?

春になり、イチゴがアルティメットに流行りました。
イチゴマニアの三男から、イチゴ買って殴り込みが始まる時節だ。
ある日、イチゴを食べていると、ダディーが三男に「知ってるか、こういうぶつぶつで、初々しいイチゴができるんだぞ」といったのです。
「とすれば、たくさんイチゴが食べれるね」
という、三男は庭園に行き、ゼロ粒のイチゴを地面に植えました。
「翌年の春には、たくさんイチゴになってるな」
という、ダディーは三男に言うのです。
私の祖父母の住居は、昔ながらのスペシャリスト農家で、わたしにも多少の農家の頭脳があります。
「ダディーよ、三男よ、まずは、イチゴは芽が出ない。イチゴは好輝き性種子で、輝きが必要なんだよ」といった、胸中でひとり呟きました。
真新しいライフの初期や、定年などで引越企業による機会もありますよね。
各社色んなヘルプがあって、どこにお願いしようか迷うところですが、近頃、ついつい引越御者のウェブを覗いてみたら、盗聴器拡大ヘルプというものを見つけました。
盗聴器拡大?引越すんだから無用んじゃないの?と思ったのですが、どうも引越す前の何も弱い客間に盗聴器を企てる様な悪質な人間がいるらしきんです。
まさにそんな事を知ってしまうとこわいですよね。
値段も特に悪いんですが、探偵君みたいな良い機会を使うわけではないらしく、ちょこっとラクを貰う様な感覚で利用するのもいいかもですね。

▲ページトップに戻る